【講座の様子(報告)】

【6/30】しながわCSR企業連絡会

 ◆日時:2017年6月30日(金)15:00-16:30

 ◆場所:品川区社会福祉協議会 会議室

 ◆主催:品川ボランティアセンター

  

「しながわCSR企業連絡会」で「企業がNPOと協働するには」をテーマに講義をさせていただきました。

その後のグループディスカッションで、企業・NPO・行政の方が共同で「企業とNPOで一緒にできること」のアイデアを出しあいました。

今日の気づきを元に、異文化とも言える企業とNPOが、相手の夢と悩みに思いを馳せ、コミュニケーションを深めることで、共通の目標を見つけることを期待します。

 


【3/9】第12回日本パートナーシップ大賞最終審査

 

 

◆日時:2017年3月9日(木)13:30-19:10

 

◆場所:東京ミッドタウンホール

 

◆主催:特定非営利活動法人 パートナーシップ・サポートセンター

 

 

 

 

 「日本パートナーシップ大賞 最終審査(発表会)」が開催されました。ファイナリスト6事業のプレゼンが行われましたが、それぞれに特徴ある事業で、甲乙付けがたい内容でした。

私は調査員としてお手伝いしましたが(十分役割を果たせませんでしたが)、優秀事例を表彰して共有するこの賞は、重要な役割を果たしていると、改めて感じました。

「サステナブル・ブランド国際会議」の他のセッションでも、「NPO・NGOとの協働」というキーワードがあちこちで聞かれたようです。今後も協働の広がりを期待します。

 

詳細は下記リンクをご参照ください。(主催者のwebページ)

http://www.psc.or.jp/p_prize_12.html


【2/24】静岡県社協でセミナー

静岡県社会福祉協議会主催のセミナー「企業と地域福祉の『新しい』連携・協働のカタチを考える」のコーディネーターを務めました。

◆日時:2017年2月24日(金)13:15-16:30

◆場所:静岡市民文化会館 大会議室

◆主催:社会福祉法人 静岡県社会福祉協議会 ボランティアセンター

 

静岡の地域におけるNPOと企業の協働事例をご紹介し、参加者の皆さんと一緒にディスカッションしました。登壇者と参加者に恵まれ、有意義なセミナーになりました。

CSRと社会貢献に前向きな企業から積極的な発言をいただき、とても心強く思いました。「当社はこんな貢献をしたいと思うが、相談にのってほしい」というお話も複数とびだしました。静岡にはいい企業がまだまだある。そんな思いを強くしました。



【2016/12/15調布】NPO運営力UP講座「企業とつながろう」

「NPO運営力UP講座② 『企業とつながろう ~これならできそう、やってみよう~』」を開催しました。

 

 

◆日時:2016年12月15日(木)19:00-21:00

◆場所:調布市市民プラザあくろす2階 会議室1

◆主催:調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター

 

講義の後にワークショップ「チャンスを探ろう」を行いました。企業とつながるチャンスが自分の周りにないか考え、グループでアイデアを出し合うものです。他の人と話すことで、忘れていたツテや意外な可能性をみつけて、「これならできそう」と感じた参加者がも多かったようです。

今回は「チャンス探し」でしたが、次回は(開催できれば)「企業の共感を得るコツ」をつかむ講座にする予定です。


【2016/11/18静岡】「ふじのくにCSRサミット2016」

静岡県静岡市で、「ふじのくにCSRサミット2016」が開催されました。

 

◆日時:2016年11月18日(水)14:10 - 17:50

◆場所:B-nest静岡市産学交流センター

 https://www.facebook.com/events/762120617259365/ 

 

盛会でした。ファシリテーターを務めた分科会「企業とNPOの協働」は、立ち見が出て座席を追加するほど。静岡の特徴ある協働事例を2つご紹介し、参加者の皆さんは熱心に聴いてくださいました。静岡のCSRが広がるいい機会になれば嬉しいです。



◆【2016/4静岡】県社協機関紙「社会福祉しずおか」

静岡県社協さんが、企業を対象にした社会貢献活動についてのアンケートを実施しました。私は、アンケートの監修をお手伝いし、報告書に講評を書かせていただきました。また、3月には関連のシンポジウムのコーディネーターを務めました。今回、アンケート結果概要と講評が、県社協の機関紙「社会福祉しずおか」に掲載されました。

 

企業の社会貢献への関心が高まっている今をチャンスととらえ、様々な社会問題があることを伝えながら、企業のメリットも提示することで、福祉に企業の力を活用して、社会問題の解決をスピードアップしていきたいものです。(報告書より引用)

 



◆【2016/3/16静岡】シンポジウム        「企業と地域福祉の新しい連携・協働のカタチ」

静岡県社協さん主催のシンポジウム「企業と地域福祉の新しい連携・協働のカタチ」で、コーディネーターを務めました。

 

 日時:2016年3月16(水)13:00-16:00

 場所:山口駅前ビル

 

静岡文化芸術大学の下澤教授の基調講演の後、実践報告2例の紹介と質疑応答。寄付だけではないWin-Winの協働のカタチを探りました。

下澤先生の「1:1の協働だけでなく、複数NPOや複数企業の協働も可能性を感じる」というお話が印象的でした。

 



◆ふじのくにNPO活動センター受託者選定委員会

静岡県の依頼で「ふじのくにNPO活動センター受託者選定委員会」の委員をさせていただきました。

今回は「CSR専門家」という立場でしたので、主に企業との協働の視点から、私なりの質問と意見を述べさせていただきました。

静岡のNPO活動の推進役としてこれまでも活躍していただいていますが、今後もさらに力を発揮していただくことを願っています。


◆【2016/1静岡】「CSRパートナー企業表彰」調査員

静岡市の「CSRパートナー企業表彰事業」の調査員を拝命し、現地調査のお手伝いをさせていただきました。

内容は詳しく書けませんが、熱心にCSRに取り組んでいらっしゃる企業さんをご訪問し、個性ある活動をご説明いただきました。

企業の取り組みと行政のサポートが充実し、静岡市の企業と社会がともに発展していくことを期待します。

 



◆【2016/1/23静岡】しずおか社協全体会議分科会

「しずおか社協全体会議」の分科会で、「企業との連携」をテーマに実践報告として登壇させていただきました。

 

 日時:2016年1月23(土)13:00-16:00

 場所:山口駅前ビル

 

テーマは、「企業が地域に求めていることとは ~企業のことをもっと知ろう~」。社協の職員の片には、企業とのおつきあいをやや敷居が高いと感じる人も多いかもしれません。しかし、双方にメリットのある関係が一度できると、一気に成果が出る可能性がありますので、是非チャレンジしていただきたいという思いでお話ししました。

その後のワークショップでは、様々な切り口の企業協働アイデアがたくさん出されました。他の登壇者の方のお話しも興味深く、私もとても勉強になりました。 



◆【2016/1/8富士宮】居場所から協働への拡がり

富士宮で、「居場所」を運営している方々10名に、「企業の協力を得るコツ」の話をさせていただきました。

 

 日時:2016年1月8日(金)15:00-17:00

 場所:NPO法人こころの泉事務局

 

ご依頼いただいた内容は、「居場所から地域における助け合い活動への拡がりについて(NPOと企業との協働とボランティア活動など)」でした。

企業との協働を検討している方も、協働はもう少し先とお考えの方もいらっしゃいましたが、皆さんそれぞれの思いで「居場所づくり」に取り組んでいらっしゃって、私も刺激をいただきました。

参加者の皆さんからは、「体験を通して具体的に話していただき大変わかり易かった」「企業への働きかけも今後取り組む必要があると思った」などの感想をいただきました。

 


◆【2015/11/28沼津】NPOと企業の協働講座

NPOプレゼント講座チラシ表

沼津でNPOプレゼント講座「元社会貢献担当者によるNPOと企業の協働講座」の講師をさせていただきました。

NPOの方を中心に、企業や行政の方も含めて、15名の皆様にご参加いただきました。

 日時:2015年11月28日(土)13:30-16:00

 場所:ふじのくに東部NPO活動センター

 

前半は「企業の協力を得るコツ」についての講義、後半は「企業との協働プランづくり」のワークショップです。

今回は「グループでひとつのプランを皆で磨く」という手法を取りました。

皆さん「企業」の視点に立つのは慣れていないため苦労されていましたが、他のメンバーからの意見から気づきを得られた様子でした。

終了後には名刺交換や個別のご相談をいただき、ご丁寧にメールも頂戴した方も。

地域で悩みながら活動しているNPOの方に、少しでもヒントをご提供できたとしたら嬉しいです。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、心より御礼申し上げます。



◆【2015/11/12浜松】CSR活動推進セミナー

浜松でCSR活動促進セミナー「地域に愛され、業績もアップする社会貢献とは」の講師をさせていただきました。

企業を中心に、NPOや行政も含めて、約60名の皆様にご参加いただきました。

 日時:2015年11月12日(木)15:00-17:00

 場所:浜松市市民活動センター2Fギャラリー

 主催:ふじのくに西部NPO活動センター、共催:浜松市市民協働センター、浜松信用金庫


まず私から「業績もアップする社会貢献とは、CSRのヒント」についてお話しました。

次に、パートナーシップ・サポートセンターの岸田代表から、「NPOと協働するメリット、実際の協働事例の紹介」を話していただきました。

質疑応答では、活発にご質問いただき、名刺交換会でも、時間いっぱいまで多数の方とお話することができました。


これだけ多数の企業さんにご参加いただけたのは、主催のふじのくに西部NPO活動センターさん、共催の浜松市市民協働センターさんと浜松信用金庫さんのお力です。

また行政の方も、強い関心を示してくださいました。


NPOと企業の協働を推進する新たな形を、浜松からリードして発信していく。

そのとてもよいスタートが切れた。

そんな手応えを感じた一日でした。


ご参加いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、心より御礼申し上げます。



◆【2015/11/10岐阜】NPO組織基盤強化事業

  第7回「企業との連携に求められること」

岐阜で、セミナー「企業との連携に求められること」の講師をさせていただきました。

 日時:2015年11月10日(火)14:00~15:30

 場所:じゅうろくプラザ 研修室1

 主催:岐阜県 環境生活部 環境生活政策課 NPO・宗教法人係


はじめに「企業の協力を得るコツ」についてお話した後、グループで「できそうなこと」と「難しいなと思うこと」を話合い、課題とヒントを共有しました。

このセミナーは、NPOの組織基盤強化を目的とした8回シリーズの第7回。

意識の高いNPOのリーダーが集まり、熱心に聴いてくださいました。

「明後日、浜松で数十社の企業にCSRとNPO協働の大切さを伝える」と話したら、「どうやってそんなに企業を集めたのか?」「是非、CSRを推進する企業を増やしてほしい」と、激励をいただきました。

企業連携に対するNPOの期待の強さと、NPOと企業の双方への働きかけの必要性を改めて感じました。



◆【2015/10/21裾野】講演&交流会

「ここから始めよう!企業とつながる市民活動」

静岡県裾野市のNPOと企業の交流会で、講師を務めさせていただきました。

 ・日時: 2015年10月21日(水)18:30~21:00

 ・場所: 裾野市民文化センター 視聴覚室

サブタイトルがなかなかいいです。『市民活動と地元企業 地域を愛するもの同士の恋愛講座』

参加者は20数名。


前半は私から、「NPOと企業が相手を知り、おつきあいのコツを理解する」という主旨のお話しをさせていただきました。

後半は参加したNPOと企業からの活動紹介。

多岐にわたる分野のNPOの活動や、企業のさまざまなCSR活動が紹介され、興味深い時間でした。

最後は名刺交換会。

NPOと企業はもちろん、NPO同士や企業同士の交流も行われて、有意義なイベントになったと思います。


皆さんと話していて印象に残った言葉をいくつか。

・NPOと企業の両方の立場の話を一度に聴けて、大変興味深かったです。(企業)

・行政との協働はしていたけど、ちょうど企業との協働を考え始めていたところでしたので、とても参考になりました。(NPO)

・講演を聴いて、私が取り組んでいたCSRが間違っていなかったことがわかりました。(企業)

・企業の方は、社内で地域活動をしている従業員の話を聴くと、NPOのことがよくわかると思います。(NPO)



◆【2015/10/2牧之原】NPOと企業の交流会

 「CSR 企業と取り組む社会貢献のススメ」

昨日は、静岡県牧之原市で「CSR 企業と取り組む社会貢献のススメ」と題したNPOと企業の交流会で、講師をさせていただきました。

参加者は20数名。NPOと企業と行政がほぼ同数ずつという、バランスのとれた構成でした。

とても熱心に聴いていただき、講演の後の活動紹介では活発な発言が多く、充実した内容になりました。


・日時: 2015年10月2日(金)18:00~20:00

・場所: 牧之原市役所相良庁舎3階 会議室1・2(静岡県牧之原市相良275番地)

・対象: NPO・企業CSR担当者等


清水のセミナー(5月)では、①「企業とのおつきあいの仕方」(NPO向け)、②「CSRとNPO協働」(企業向け)を、分けて開催しました。

しかし今回は、①と②を合わせて一度にお話しする構成でした。

一度にお話しすることで、NPOと企業の双方が考えていることが伝わったと思うのですが、やはり「あの人たちこんなこと考えてますよ」という話を、その人の目の前で話すのは少しやりにくい側面もありました。

時間が許せば、①と②は別々に開催した方がよい気もしました。

今後の構成に活かしたいと思います。


講演後の活動紹介では、企業に対してとても具体的な提案をするNPOの方も数名いらっしゃいました。

企業の方のお話しにも、「今後はNPOとも交流して活動の参考にしていきたい」といった主旨のお話しが聞かれました。

牧之原は、市民参加による地域活性化の先進地域と聞いています。

終了後の懇親会でも、参加者の皆さんの地域への愛と情熱を強く感じました。

その活力をベースに、NPOと企業の双方にメリットのある協働が実現していくことを願います。


この日は、先日買ったプレゼン用のPCもデビューしました。

多少設定に手間取りましたが、無事役目を果たせました。

今後も、どんどん活用していきたいと思います。

牧之原の皆さん、つないでいただいたふじのくにNPO活動センターの溝口さん、ありがとうございました。



◆【2015/9/7東京】NPOのためのビジネス基礎講座

 第1回「企業の社会貢献について理解しよう」


東京ボランティア・市民活動センター主催の「NPO&福祉施設のためのビジネス基礎講座2015」で講師をさせていただきました。

全部で60名超の参加者という、大変盛況の講座となりました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。


【第1回「企業の社会貢献について理解しよう」】

・日時: 2015年9月7日(月)19:00~21:00

・対象: 企業やそこで働く人たちと協働したいと考えるNPOや福祉施設等


この講座は、①NPO向けの企業連携講座(全5回)、②企業向けのNPO連携講座(全3回)を開催し、最後にNPOと企業が出会うイベントを開催する、という構成になっています。

詳細は上↑のチラシをご参照ください。(クリックすると拡大できます)


今回は①の第一回で、私はこの講座の基調説明をさせていただきました。

企業の協力は様々な形があり得ること、協働には信頼関係が重要であること、企業とのおつきあいのポイント等をお話ししました。

次の第二回が「社員ボランティアに協力してもらおう!」というテーマなので、そこに繋がる話で締めくくるようにしました。


続いて、UBS証券株式会社さんから事例報告をいただきました。

さまざまな分野でさまざまな形で、社会貢献に取り組んでいる様子を、丁寧にご説明いただきました。

実際に参加している社員の方のお話しも交え、具体的で迫力あるプレゼンでした。

印象に残った言葉は次のふたつです。

 ①資金援助するときは、必ず社員の参加もセットで実施している。

 ②「楽しく、美味しく、新しい」企画が、社員ボランティアには魅力的。


最後はグループワークです。

企業との協働の可能性をグループで話し合い、具体的な企画を立案するものです。

短時間にも関わらず、具体的な協働アイデアが多数出されました。

講評では、「①企業のメリット、②社員への期待、のふたつを伝えることが大切」という話をさせていただきました。


グループワークの最優秀賞には、UBS証券さんからのプレゼントと「ぼらせんメダル」が授与されました。

この「ぼらせんメダル」は「ぼらせん」と書かれたお煎餅で、首掛け紐がついていて、オリンピックのメダルのようになっています。

私は最優秀賞のメダル授与をさせていただきました。

生まれて初めてメダル授与したことに、少し感激(笑)。


講座後の交流会ではたくさん名刺交換させていただき、ネットワークも広がりました。

NPOの皆さんはとても熱心に参加してくださり、アンケート結果もとても好評でした。

少しはお役にたてたようで、ホッとしました。


「勤労者の地域社会活動への参加」は、私にとって重要なテーマです。

私は企業に勤務しながら15年間市民活動に参加してきました。

2年間ボランティア休職した当時は、勤労者ボラはまだ少数派でした。

企業に勤める人の地域社会参加を促して、仲間を増やしたい。

彼らの力を社会問題の解決に活用したい。

そしてそれは、勤労者自身の自己実現にも繋がる。

ずっとそんな思いでいました。


今回、企業の社会貢献や社員ボランティアの促進をテーマにした講座に、企画段階から関わることができ、とても感謝しています。

今後も、こうした機会をつくって、私なりに貢献していきたいと考えています。



◆【2015/5/23,27清水】NPOと企業の協働セミナー


2015年5月23日(土)と27日(水)に、「NPOと企業の協働講座」を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。


【第1回】(NPO向け)

・日時: 2015年 5月23日(土)13:30~15:30

・場所: 静岡市清水市民活動センター 第一会議室

・対象: 企業の協力を得たいと考えるNPO関係者


まず23日に、NPO向けセミナー「企業の協力を得るコツ」を開催しました。

おかげさまで約30名の方にご参加いただきました。


アンケート結果は、

 「わかりやすかった」は96%

 「有益だった」は100%!

キーワードを並べてみます。

 「企業のメリット」、「ヒントを得た」、「企業側がNPOをどう思っているか」、「アイディアが出てきた」、「今後の活動に活かしたい」、「わかりやすかった」


NPOの皆さんの企業との連携に対する期待が強いこと。

しかし企業と一緒に何かをすることへの不安と迷いも強いこと。

このふたつを今日改めて感じました。


【第2回】第1部(企業向け)

・日時: 2015年 5月27日(水)18:30~19:45

・場所: 静岡市清水産業・情報プラザ

・対象: 地域に貢献し業績も向上させたいと考える企業の方

 

続いて27日の前半に、企業向けセミナーを開催しました。

サブタイトルを「協働で、地域とつながり業績アップにつながる社会貢献を」として、私から1時間ほどお話しました。

 「業績アップに繋がるCSRとは」

 「その手段のひとつとしてのNPOとの協働」

約30名(NPOを含む)に参加していただきました。


【第2回】第2部(企業+NPO)

・日時: 2015年 5月27日(水)19:50~21:00

・場所: 静岡市清水産業・情報プラザ

・対象: 【第1回】参加のNPO、【第2回】<第1部>参加の企業

 

後半は企業とNPOの交流会です。

40名を超える方々が、熱心にお互いの情報を交換していました。

自分の活動をアピールするだけでなく、一緒に何ができそうかを模索する。

一方的な協力要請とは違う協働を探るやりとりです。

23日に宿題として出した紙を活用して提案するNPOや、リーフレットや商品サンプル等を持参してアピールするNPOも多数ありました。


テーブルやカバンはアッという間に名刺や資料でいっぱいに。

とても賑やかで、有意義な時間だったと思います。

私自身も様々な方とお話ができ、新たな発見もあって、とても勉強になりました。

そして企業とNPOが熱心に話をされている様子を見て、「企業とNPOの協働」の潜在的な可能性と夢を強く感じました。

貴重な機会を頂戴して、ありがとうございました。


課題は企業の参加が比較的少なかったことです。

しかし、参加した企業は意識が高く、とても前向きでした。

このような企業と、CSRやNPOとの協働に対する意欲の掘り起しが、今後の課題だと思います。


印象的だったのは、NPOを支援する金融機関さんの言葉です。

「これまでNPOを直接支援することを頑張ってきましたが、企業を通じて支援するという方法があり、それに対するニーズが強いことがよくわかりました。」

多様な主体が協働することで、新たな価値が生まれる。

その「かけはし」の役割を、今後も果たしていきたいと思います。



◆【2015/2/27静岡】ボランティア入門講座


2015年2月27日(金)に「ボランティア入門講座」を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。


・日時 : 2015年 2月27日(金) 19:00~21:00

・場所 : 南部生涯学習センター 3階 第3集会室

       (静岡市駿河区南八幡町25-21)

・対象 : ボランティア活動に関心のある方

・費用 : 無料

・内容 : ボランティア基礎知識、活動体験談、活動紹介など

 

当日は、高校生からシニアの方まで、幅広い年齢層の方にご参加いただきました。

スタッフも加えて約10名の皆さんと、アットホームな雰囲気で開催されました。


内容は次の通りです。

 1.私のボランティア ~豆知識

 2.ボランティアの始め方 ~クイズ

 3.ボランティアの心構え

 4.おわりに


1/30の「くれば」での講座と同様に、「豆知識」「クイズ」を交えながら、気楽に聴いていただけるように、工夫してました。

また、より具体的なエピソードをお話しすることで、私の活動の楽しさをお伝えするように心掛けてみました。


私のプレゼンの後、参加者の皆様お一人お一人から、感想・質問・思いなどをお話しいただきました。

これからボランティアを始めようとする方もいれば、既にたくさんの活動をリードしていらっしゃる方もいらして、様々なお話をいただきました。


「ボランティアの楽しさや意義をなかなか理解されないが、どうしているか?」「高齢者との話題に困ることがあるが、どうしたらよいか?」などのご質問をいただいたり、中には私の話に刺激を受けて、「障害のある方と関わる活動を始めたい」とおっしゃる方もいて、とても嬉しく思いました。


今回は、ボランティアセンター(社会福祉協議会)さんの主催でしたので、具体的な活動の紹介もセットでできたのが、とてもよかったと思います。

参加者の皆さんが、実際に活動を開始して、社会活動の輪が広がっていくことを心から願っています。

今後も、このような機会がつくれたらいいなと思っています。

よろしくご協力のほど、お願いいたします。


◆【2015/2/18静岡】NPOと企業の協働講座


2015年2月18日(水)に「NPOと企業の協働講座」を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。


・日時 : 2015年 2月18日(水) 14:00~15:30

・場所 : ふじのくにNPO活動センター

       (静岡市駿河区南町14-1水の森ビル2F)

・対象 : どなたでも

       (NPO向けの講座ですが企業の方の参加も歓迎します)

・内容 : 「企業の協力を得たい」「でも、どうすればいい?」

       「話は聴いてくれるけど断られ る」・・・

       企業は何を考え、NPOに何を期待しているのか?

       元CSR・社会貢献担当者が、本音を語ります。

       企業とのよりよいコミュニケーション、協働方法とは。


NPO向けに、「企業との協働をどのように進めればよいか」を考える講座です。

当日は、NPO関連の皆様を中心に、企業・行政の方を含めて、23名の方にご参加いただきました。

事務局スタッフも合わせると、約30名が一部屋に集まり、熱気あふれるセミナーとなりました。


内容は次の通りです。

 1.企業の取り組みを知る

 2.CSR担当者の素顔を知る

 3.地域のNPO・企業の協働事例

 4.よりよい協働のために、ワーク

 5.おわりに


企業がCSR・社会貢献について、何を考えているのか。

実際の協働事例は、どのようなものがあるのか。

そして、自団体が企業と協働する場合は、どんな提案ができそうか。

・・・そんなことを、一緒に考える機会としました。


私からは、「ついこの前まで、企業のCSR担当者として、NPOの協力依頼の訪問を受けていた」立場から、企業の担当者の本音や、「NPOと面談している最中にどんな気持ちで聴いているか」、といった生々しい情報提供をさせていただきました。

そして、いくつかの事例をご紹介して協働のイメージをもってもらい、「ワーク」に取り組んでいただきました。


「ワーク」では、企画提案のポイントを作成していただきました。

企業のメリットや、自団体の強み・信頼性を、きちんと表現することに留意して、立案いただきました。

そして、2団体にご発表いただき、共有しました。


質疑応答では、様々な立場の方から活発なご発言をいただきました。

また、終了後も個別にご相談をお受けしました。

今まで、企業との協働を考えたこともなかった団体も、多かったのではないかと思います。

このセミナーを通じて、企業との心理的な距離が近づき、今後の活動のヒントになればと思います。


当日は静岡新聞さんに取材していただき、翌日の朝刊に掲載していただきました。


アンケートを拝見する限り、なかなか好評だったのではないかと思っております。

今後も企業向けのセミナーを企画・開催したり、企業のニーズを個別に掘り起こしたり、最終的には、NPOと企業の協働をコーディネートするようなことができたらいいなと、(半分夢ですが)考えています。

NPOと企業の協働講座は、春頃をめどに清水でも開催しようと、現在企画中です。

乞うご期待。


主催の「ふじのくにNPO活動センター」さん、ご支援いただきました皆様、ご協力ありがとうございました。

今後とも、機会がありましたら、よろしくお願いいたします。



◆【2015/2/13静岡】車いす介助講座


2015年2月13日(金)に「車いす介助講座」を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。


・日時 : 2015年 2月13日(金) 14:00~15:30

・場所 : シニアライフ支援センター「くれば」

       (静岡市葵区両替町2-3-6大原ビル1F)

・対象 : どなたでも

・費用 : 500円(ドリンク付き)


前月に開催した「ボランティア入門講座」のパートⅡとして、開催しました。

前回は、始め方・楽しむコツといった、いわば「理論編」。

今回は、具体的な活動の技術等の「実践編」です。


内容の告知が直前の約10日前になってしまったので、正直参加者の方が集まってくださるか、心配していました。

当日は、6名の方にご参加いただき、ホッとしました。


内容は次の通りです。

 1.事故を防ぐために

 2.介助の方法(動画編)

 3.介助の方法(実技編)

 4.おわりに


1.は、電車のホーム等での事故が多いことから、安全の重要性を確認しました。

2.は、動画を利用して、介助技術の基本を学びました。

3.は、実際に車いすを押して、技術を学びました。

4.は、まとめです。


前回同様に、セミナー終了後にお茶を飲みながらの雑談タイムがありました。

「ボランティア」「介護」等について、皆さんそれぞれにご経験や思いがあり、様々な視点のお話が聴けて、興味深かったです。

私も、自身の経験をお話しさせていただきました。

参加者の皆さんとゆっくりお話しする時間が取れるのが、シニアライフ支援センター「くれば」のミニセミナーのよいところです。

楽しい時間になりました。


ということで、今回もまずまず成功と言えるのではないかと思います。

車いすを貸し出していただきました「静岡市社会福祉協議会」様、資料をご提供いただきました「市民福祉活動センターBit」様、ご協力ありがとうございました。


◆【2015/1/30静岡】ボランティア入門講座


2015年1月30日(金)に「ボランティア入門講座」を開催しました。

ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。


・日時 : 2015年 1月30日(金) 14:00~15:30

・場所 : シニアライフ支援センター「くれば」

       (静岡市葵区両替町2-3-6大原ビル1F)

・対象 : どなたでも

・費用 : 500円(ドリンク付き)

 

当日、会場のシニアライフ支援センター「くれば」の周辺は、あいにくの冷たい雨が降っていました。

そんな悪条件の中、ほぼ満席の10名の方にご参加いただきました。

ボランティア経験者も、全くの初心者も、なんとなく興味があって参加した人も。

様々な方が、それぞれの思いでご参加いただいたようです。


45分ほどのプレゼンの後、15分ほど質疑応答。

そしてお茶を飲みながら、ざっくばらんな意見交換。

なごやかな雰囲気の中で、あっという間の90分でした。

(なかなか話が尽きずに、少し延長戦に突入していました)


いろいろご質問を頂戴しましたし、ご自身のご経験をお話しいただいた方もいました。

「ボランティア」は大変幅広い世界を表現する言葉です。

100人いれば、100通りの定義や活動スタイルがあります。

そこが面白いところでもあり、難しいところでもあります。


私はボランティアを楽しんでいます。

「池上さんがボランティアを楽しいと思うのはなぜか、エピソードを交えて具体的に話すと、より伝わりやすいと思うよ」というご意見も頂戴しました。

次回に向けて、さらに工夫していきたいと思います。


「ボランティアの楽しさを伝えたい」

「仲間を増やしたい」

「市民の社会参加を促したい」

「それによって社会問題の解決にドライブをかけたい」

「そして、参加者自身の人生も豊かになれば」


・・・そんな思いで、これまで何度も「伝える活動」をしてきました。

正直、伝わった時もあれば、伝わらなかったときもあります。

その都度いろいろ考えて、工夫を繰り返してきたつもりです。


そして今回、「ボランティアほど、伝えるのが難しいテーマはない」と改めて認識しました。

「なぜ楽しいのか?」「なぜ続けているのか?」は伝えられません。

私自身がわからないからです。

15年間探してきましたが、未だに答えは見つかりません。


でも、私の話を聴いて活動を始めた方もいます。

私の話を聴いて、新たな伝える場をご提供いただいた方もいます。

講座終了後、嬉しいコメントを寄せてくれた高校生も多数いました。


講座の翌日に「団塊サミット」に参加しました。

静岡団塊創業塾が主催する、充実したシニアライフを応援するイベントです。

そこでは、「ボランティア」という言葉が多数聞かれました。

「ボランティア」は、人生を豊かにするための有力な選択肢のひとつなのだと、改めて感じました。


少しでも成果があるなら、今後も「伝える活動」を続けていきたいと思います。

私なりに工夫して効果を上げながら。